ピボット指数テクニカル分析

ピボット指数テクニカル分析

ピボット指数テクニカル分析

基準値は、前日の高値、安値、NY市場の終値をもとにしています。

 

H:ハイブレイクポイント (新しいトレンドの発生の可能性)

 

R:レジスタンス(上値の目途)

 

S:サポート  (下値の目途)

 

L:ローブレイクポイント(新しいトレンドの発生の可能性)

 

<ドル/円><ユーロ/円><ユーロ/ドル><ポンド/ドル>

 

H    94.28   126.58     1.3468   1.5456

 

R2   93.88   125.70     1.3416   1.5367

 

R1   93.64   125.23     1.3388   1.5323

 

基準値 93.24   124.35    1.3336  1.5234

 

S1   93.00   123.88     1.3308   1.5190

 

S2   92.60   123.00     1.3256   1.5101

 

L    92.36   122.53     1.3228   1.5057

キャンペーン情報

いつもをご利用いただいているお客様へ感謝の気持ちを込めて、キャンペーン期間中のお取引数量に応じて最大15万円をキャッシュバックするキャンペーンを2月22日より実施中です。さらにダブルチャンスとして、キャンペーン期間中のお取引回数が100回以上のお客様の中から抽選で20名様にこだわりの選べるグルメカタログのプレゼントもございます。

 

【キャンペーン期間】

 

2010年2月22日(月)午前7時00分〜2010年4月17日(土)午前5時55分(日本時間)

 

◆チャンス1
キャンペーン期間中にエントリーの上、50万通貨以上のお取引をされたお客様全員を対象に最大15万円のキャッシュバックをいたします。

 

◆チャンス2
キャンペーン期間中にエントリーされたお客様で、お取引回数が100回以上のお客様の中から抽選で20名様にこだわりの選べるグルメカタログをプレゼントいたします。

最新のFX情報

今晩は注目ポイントが多い。中でも、米小売売上高とバーナンキFRB議長の証言は大きく注目されるだろう。小売売上高の事前予想は、コア指数で前月比0.5%増と、高めの伸びが予想されている。雇用環境は安定性を取り戻しつつある状況を踏まえるさほど無理のある予想とは思えないただ、事前予想を上回る伸びを期待するのは、やや無理がある。米国の個人消費に対する期待が高まっていることから結果が事前予想程度の伸びだと、ドル買いの勢いはさほど強まらないだろう。むしろ、事前予想を下回る伸びが示された場合のドルの失望売りに注意したい。

バーナンキFRB議長の証言では、期待が高まる米利上げの可能性に関する内容が注目される。FRB当局者は一部を除き、景気の先行きに対して慎重な姿勢を示しているため、バーナンキFRB議長が利上げに積極的な姿勢を示すとは考えにくい。ただし、民間部門での雇用環境の改善を背景にバーナンキFRB議長が、利上げに対する姿勢を変化させる可能性も否定できず、証言内容がドル買いにつながる展開もありえる。


ホーム RSS購読 サイトマップ